閉じる


まえがき

 毎度のことながら足取り重く、東京霞が関に向かったのは、2010年12月の金曜日。目的地は、経済産業省。もちろん、私用ではない。とある会議に出席するためだ。典型的なお役所的ネーミングセンスで名付けられているその会議を、後に私は「リラックマ会議」と命名することになる。日本の政治経済の中心である霞が関で、ひと月に一度開かれているリラックマ会議とは、一体何なのか・・・。

 


 その会議に初めて出席したのは、2009年頃だったと思う。最初から気は進まなかった。その会議がどういうものであるか、噂をいろいろと耳にしていたからだ。とはいえ、そんな噂話を理由にして出席を拒むのは雇われ人としてちょっとどうなのかと考えた私は、努めて深く考えないようにして、霞が関に向かった。そして私は、予想を超える衝撃を受けることになる。


1
最終更新日 : 2018-06-05 09:33:03

第一章 リラックマ会議

 

 

第一章

リラックマ会議

 

 


2
最終更新日 : 2014-03-12 12:55:27

忘れられたPSE問題

 2006年に社会問題となった、「PSE問題」を覚えている人もいるかもしれない。
 PSEとは、電気用品安全法(略して電安法)のことだ。その名の通り、家電やオーディオ機器などの安全に関する法律である。その法律の改正をめぐって、家電や電子楽器の中古販売業者らを大混乱に陥れた。簡単に書けば、新しい「PSEマーク」の表示が無い中古家電や中古電子楽器の販売が、ある日を境に禁止されそうになったのだ。

 


 それは困るということで、ミュージシャンが声を上げた。坂本龍一氏ら、「いわゆるビンテージもの」の電子楽器を使用したりするミュージシャンである。坂本氏らは、少なくともビンテージものだけは電安法の規制から除外してほしいと訴えた。そこからの混乱ぶりは、ある種の清々しささえ覚えるほどに凄まじいものだった。

 

・坂本氏:ビンテージものは除外して!

・経産省:じゃあコレとコレとコレはOKってことで。

http://www.meti.go.jp/policy/consumer/seian/denan/file/98_format/vintage_list.pdf

・ミュージシャン:いやいや、ビンテージってそんだけじゃないし。しかもいくつかダブってるし。誰だよこれ作ったの(全然分かってねーじゃん)。

・経産省:じゃソレとソレも追加で。

・ミュージシャン:いやいやいや、そういうことじゃないから。だいたいお役所が「コレはビンテージ」とか決めるなよ。

・他の人:ビンテージ楽器だけ除外するなんて不公平だ!

・経産省:じゃ、じゃあ家電も楽器も、「販売」じゃなくて「返却しなくていいレンタル」ってことにすればいいよね。(苦し紛れ)

・他の人:えっ?

・ミュージシャン:えっ?

・経産省:えっ?

・私:えっ?

 

 幸か不幸か、当事者でなかった当時の私はただこの風景を傍観していたが、レンタルの話が出てきた時は、常人を遥かに卓越した、お役人の問題回避能力に感服した。PSE問題はその後、一応の解決をみたということになっていて、いまなお話題に挙げる人はほとんどいないだろう。しかし、いわゆるビンテージものを指定している上記のリンクは、現在も経産省が公開している有効なものである。

 
 

3
最終更新日 : 2018-06-05 09:34:16

怪しい会議

 その会議は、昼過ぎに始まった。出席者の人数は30人程度で男性のみ。ほとんどが50代か。当時30代前半だった私は、場違いなほど若い。机の上には、一人一本ずつ、よく冷えた500mlペットボトルの「お~いお茶(伊藤園)」が並ぶ。お役所の会議として、ニュースでよく見る風景だ。

・進行役:では、この「キャラクターイメージの図形付扇風機及び加湿機」は、「電動式おもちゃ」ではなく、「扇風機」及び「電気加湿機」ということで、よろしいでしょうか?
・出席者:・・・。
・進行役:特にご意見は無いようですので、この案件は終了ということにいたします。
・私:???

 


・進行役:では次に、この「わた菓子機」は「電熱式おもちゃ」ということで、よろしいでしょうか?
・出席者:・・・。
・進行役:特にご意見は無いようですので、この案件は終了ということにいたします。
・私:???


 この会議、正式名称は「電気用品安全法対象非対象等会議」という。ある電気製品が、電安法の規制による対象となるのか、あるいは対象とならないのかを議論する会議だ。なぜそんな会議が必要なのか。一言で言えば、電安法がとにかく古いためである。


 制定は昭和36年(1961年)、当初の名称は電気用品取締法。東京オリンピックが開催され、それに合わせて東海道新幹線が開業したのが昭和39年。私の手元にある「(横浜市)南区70周年記念誌」では、人々が駅前の「街頭テレビ」に集う写真に「昭和30年代」とキャプションが付いている。当時存在していた電気製品の種類など、現在のそれと比べればたかが知れているだろう。その後、時々法改正は行われてはいるものの、根本的な考え方は変わっておらず、法律の改正自体にも数年単位の時間がかかるため、時代の変化に全く追い付いていないのが現状である。そのため、新しい技術を利用するものや、複合的な機能や用途を持つ電気製品などが、法律が規定する電気製品に該当するのかどうか、簡単には判断できないものが増えてきたのだ。

 そういった案件をひと月に1回、まとめて議論するのが、冒頭の会議である。私が出席し始めた頃、第100回を少し超えていた。そして第107回を最後に「電安法登録検査機関等連絡会議」という名称に変わった。「対象かどうかだけの判断をしているわけではないから」というのが名称変更の理由だったが、その時期既にリラックマ会議と呼んでいた私には関係無い。

 なお、それまで10年以上にわたり、体重68kg±1kg程度を推移していた私の体重は、この会議に出席し始めた頃を境に、約2年間で74kgまで増えることになる。ちなみに、よく冷えていたお~いお茶(伊藤園)は、しばらくして知らないメーカーの冷えていないお茶に変わり、やがて無くなった。経産省内にあった自販機では、ちまたで百数十円のものが全て80円だったから、会議に飲み物が必要な人は、自分で買えば良いのだ。税金の味がするお茶なんて、そもそもいらないし。


4
最終更新日 : 2018-05-11 17:22:34

おもちゃ

 その会議の出席者は、以下の面々だ。
・経産省(本省)のお役人(6,7人)
・経済産業局(各地方)のお役人(4,5人)
・独立行政法人製品評価技術基盤機構(NITE)の人(1,2人、経産省からの出向)
・各登録検査機関の人(1~3人)

 オジサンたちが合わせて20~30人程度集まることになる。私も若手オッサンの1人として、当時勤めていた登録検査機関の席に座っていた。

 前回書いた通り、会議で議論されるのは、ある電気製品が電安法による規制の対象となるかどうかの判断である。理由は分からないが、この頃は「おもちゃ」か「おもちゃでない」かというネタが、半数以上を占めていたように思う。「おもちゃ」か「おもちゃでない」かが、なぜそれほど重要なのか。理由は簡単だ。子供はメーカーが予想もしない扱い方(遊び方)をする可能性があるため、安全に関する規制が厳しいのだ。おもちゃメーカーは、自分が作っている製品がおもちゃであるという自覚があるだろうからまだいい。しかしそうでない事業者にとっては、この点が大問題となる。

 


 経産省が平成15年12月15日付で発行した文書がある。「おもちゃ」か「おもちゃでない」かの境界を示している、この業界の関係者の間では有名な文書だ。味わい深い文書なので、以下に抜粋して紹介する。

 次のいずれかに該当する電熱器具又は電動力応用機械器具はそれぞれ「電熱式おもちゃ」又は「電動式おもちゃ」とする。
(1)人、動物、キャラクター又は縮尺模型の装飾が施された外郭を備えるもの。
(例)
・製品にキャラクターのデザインが立体的に成型されているもの(スイッチ、つまみ又はとつ手の部分にのみ成型され、他の部分にキャラクター的装飾がない場合は除く。)。
・製品表面のかなりの部分に動物のシールが貼り付けられているもの。
・製品のデザインが既に販売されている玩具と類似しているもの。

(2)子供用の遊戯器具としての機能を有するもの。 
(例)
・製品の全体又は部分におままごと、知育、ゲーム等の機能が付加されているもの。

(3)製品本体、包装又は取扱説明書において、玩具と想定される表示又は説明がなされているもの。 
(例)
・対象年齢が14歳以下を含む子供用である旨の表示が行われているもの。
・製品本体または取扱説明書に「楽しく遊べる」、「遊ぶ方法」等の表示又は説明がなされているもの。

(4)玩具販売店、百貨店等の玩具売場において玩具として取り扱われるような方法で販売されるもの。 
(例)
・他の玩具と一緒に並べられて販売されている場合。

 


おもちゃ。たこの形だから。

 

おもちゃ。鳥の形だから。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おもちゃ。表面のかなりの部分に動物が描いてあるから。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おもちゃじゃない。動物の絵が小さいから。

 

 

 

 

 

 

 

 以上を踏まえ、

この「卵ゆで器」はおもちゃかそうでないか、胸を張って答えなさい。(ヒント:Gu-Guガンモ。正解は後ほど。)


5
最終更新日 : 2019-02-17 17:35:34


読者登録

オフィス イリエさんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について